バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションにかかってくる税金について、バイナリーオプションで1月1日〜12月31日までの1年間のうち、20万円以上の利益が出ている場合は課税対象となり確定申告をする必要があります。また、国内業者で利益を出した場合と、海外業者で利益を出した場合とでは税金の種類が違ってきます。

国内業者で取引を行った場合:申告分離課税 海外業者で取引を行った場合:総合課税 と分類されます。では、申告分離課税と総合課税の違い何かを紹介していきます。

・申告分離課税とは 申告分離課税(しんこくぶんりかぜい)とは分離課税の一種で、総合課税の勘定とは別に課税される税金であり、確定申告の段階で、他の所得と合算せず、分離して課税する制度をいう。源泉徴収課税と異なり、所得が発生した時点では所得から天引きされません。

・総合課税 所得分類ごとに計算された所得金額を合算して総所得金額等を算出し、これを課税対象(課税標準)とする課税方法・課税方式です。収入はいったんは10種類の所得へとバラバラに分類していきますが、最後にまたまとめ直して=「総合」して「課税」するという制度です。

このように、国内業者を利用するか海外業者を利用するかで税金の種類が変わってくるので注意が必要です。税金をかけたくないという人は、年間20万円以下の利益内でバイナリーオプションを楽しみましょう。